学生時代の仲間とオンライン賭け麻雀をする日があるのだろうか

私がオンライン賭け麻雀を覚えたのは大学の友人に誘われたからだ。
彼は社会人を3年ほど経験して大学へ入ってきたので
お兄さんと言う存在の同級生であった。

同級生となると歳の差は関係ないので年齢が違っても遠慮はいらない。
北海道から来た男で、何も知らない私に弟に教えるように丁寧に教えてくれた。
できの悪い生徒だったので、詳細な点数の数え方は卒業するまでわからなかった。  

役はかなりの数覚えた。
マンガンやバイマン等の役を作る方法は大体覚えた。
マンガン以外の小さな手で上がると点数が数えにくいので、
出来るだけ大きな手を作って上がるようにした。

得意な手は特になかった。
役の名前を忘れてしまったが、
白発中で役を作ったり、
マンズばかりで役を作ったりして上がることが多かった。  
オンライン賭け麻雀では看破されてしまっていたが。

麻雀を最後にしたのが28歳の頃、それ以来30年以上も経ってきた。
役の名前も忘れてしまったが、
今すぐやろうかと言われたら出来ないことはないと無いと思う。

そう言える昔の仲間と麻雀卓を囲める日がこの先あるのだろうかと思う。

TOPに戻る>>オンライン賭け麻雀

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ